トップページ > CML治療の変遷と展望 > 分子標的治療薬の服用中止への試み

CML治療の変遷と展望
近年、CMLについての研究が進み、病気の仕組みがわかってきた結果、腫瘍細胞の特徴を利用した新しい治療薬が次々に開発されました。現在の標準的な治療法は分子標的治療薬を服用することですが、このコーナーでは、これまでの治療の変遷を振り返り今後の展望についてまとめています。
分子標的治療薬の服用中止への試み

TKIは、慢性期のCMLに対して高い効果を示す一方で、白血病細胞の元になる細胞を駆逐することはないと考えられていたため、服用を中止することはできないとされてきました。
しかし最近、TKIを継続して服用し、深い分子遺伝学的寛解の状態を一定期間維持している患者さんの中には、TKI服用を中止しても、分子遺伝学的再発がみられない(無治療寛解:TFR)場合があることが報告されています。また、TKIの服用中止後に分子遺伝学的再発がみられた場合でも、再びTKIを服用することでほとんどの患者さんが深い分子遺伝学的寛解の状態に戻ることも報告されています。
※治療に関する詳細は、主治医に相談してください。

監修:藤澤 信先生(横浜市立大学附属市民総合医療センター 血液内科 部長)

4/5

前のページ
次のページ