トップページ > CML治療の変遷と展望 > 「白血病」の確立と原因の発見

CML治療の変遷と展望
近年、CMLについての研究が進み、病気の仕組みがわかってきた結果、腫瘍細胞の特徴を利用した新しい治療薬が次々に開発されました。現在の標準的な治療法は分子標的治療薬を服用することですが、このコーナーでは、これまでの治療の変遷を振り返り今後の展望についてまとめています。
「白血病」の確立と原因の発見

白血病という病気は、古代ギリシア時代の記録があることから、すでに存在していたことがわかっています。初めて白血病と思われる患者さんを診た医師が正確な記録を残したのは19世紀に入ってからで、当時白血病はがんというよりも血液が化膿した病気だと思われていたようです。
白血病という概念を明確化したのはドイツの病理学者でした。彼は、白血病を血液の化膿とは考えず、1845年に脾臓が腫れ血液が白くなって死亡した患者さんについて「白い血の病気」として報告しました。これが「白血病」の語源とされています。
1960年頃になると、遺伝子の染色体を分析する方法が開発されるようになり、白血病の研究にも応用されました。1960年、フィラデルフィアにあるペンシルベニア大学の研究者がCMLの患者さんに、断片化した小さな染色体があることを発見しました。その異常な染色体は発見地にちなんで「フィラデルフィア染色体」と名づけられました。その後、このフィラデルフィア染色体についてさらに研究が進み、9番(ABL遺伝子が存在する)と22番(BCR遺伝子が存在する)の染色体が途中から入れ替わってつながっていることや、1980年代には、フィラデルフィア染色体上にあるBCR-ABL遺伝子がCMLの原因であることが判明しました(図)。

監修:藤澤 信先生(横浜市立大学附属市民総合医療センター 血液内科 部長)

1/5

次のページ