トップページ > みんなの体験記 CMLランナーズ > 鈴木 健吾 さん

鈴木 健吾 さん

CMLランナーズ 私の一足

「戦闘靴」と呼んでいるアルマーニ®の靴


この靴を履くと、
スイッチが入ります

この靴は、CMLを発症する数年前にふらっとアルマーニ®の店舗に入った時、「カジュアルにも正装にも使えそうだ」と、気に入って購入しました。高かったですが、「長持ちするよね、アルマーニ®だもんね」という感じで、奮発して買ったんです。当時は、遊びに行ったり、人と会ったりする時は、いつもこの靴を履いていました。要するに、これしかいい靴を持っていなかったのです(笑)。
私の職場は病院という閉鎖的な空間なので、外の世界が全く分からず「これはなんとかしなきゃ」と、勤務を始めてからずっと思っていました。それで、CMLを発症する半年くらい前から、意識して院外の人と積極的に会うようになったのですが、そうすると、徐々に目上の方と1対1で会う機会が増えていき、そのような時に気合を入れる意味でこの靴を履くようになりました。買った時は、全くそういうことを思って買ったわけではないのですが、いつの間にか「履くだけでスイッチが入る」、そうなってきました。そのため、いつしかこの靴は、自分の中で「戦闘靴」として位置づけられるように…。
この靴は、病気になる前の自分と、なった後の自分の両方を知っている靴でもあります。ずっと愛し続けてきた靴であり、思い出に残っている靴なんです。履き込んで、だいぶいいツヤも出てきました。「この靴を履いて、いろいろな人と会ってきたな」と思うと、やはり大事な人と会う時はこの靴を選んでしまいます。

7/7

前のページ
インデックスへ戻る